CIMG1668

TAYLOR MADE NEW M1 SERIES!!

こんにちは、MICKです。TALOR MADEの最新作のM1シリーズが届きました!日本国内では12月販売予定との事、実際に試し打ちができるのはクールクラブスだけだと思われます。この機会にぜひお試し下さい。

CIMG1668    CIMG1669

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

言わずともそのドライバーの性能は先のUSPGAツアーのドイツバンク選手権でのジェイソン・デイ選手の圧勝で証明済みですね。スイッチしてすぐの優勝でこれ以上ない華々しいデビューを飾りました。メーカーとしてもこのモデルに社運を賭けているとの情報もちらっと届いているほどの超HOTな作品となります。今回の最大の特徴は”グラファイト・コンポジット・クラウン”、”Tトラックシステム”でしょうか。前者は軽量グラファイトコンポジットをクラウン部に採用することにより、重心を更にフェース寄りにする事でボール初速をアップ。同時にホーゼルを短くしてヘッドの低重心化を実現するとメーカーによる説明があります。確かにホーゼル高さは前作のR15にくらべるとその違いは一目瞭然です。低重心化をより徹底して有効打点エリアを増やし、更なる低スピンを狙っているようです。そして後者は十八番のウエイトコントロールシステムにより弾道を変える機能をドロー・フェード方向と高い・低いの2箇所に分けることにより緻密な弾道調整が可能となっています。これはギミック好きには更にたまらないファンクションでしょう。さて、このM1ドライバーを弊社スタッフによるテストを行いました。今回も引き続き460ccと430ccの2設定となっています。ターゲットはあくまでも中・上級者向けではありますが前作より遥かに扱い易い印象です。特に430ccのほうがその易しさを感じます。まず、460ccの各ロフト(9.5°・10.5°・12°)を試したところ、どれもボールが上がり易い結果となりました。”Tトラックシステム”により重心深度をある程度設定できるのと、ネックの+-2.0°の調整機能があるので基本ロフトはそこまで拘らなくてもよいかもしれません。そして重心の高低をいじると著しく体感が変わります。これはとても大事な機能ですね。いろいろなシャフトを試したところ、ベストマッチングがフジクラのSPEEDER EVOLUTION569でした。このシャフトは日本の女子プロの使用率も高く、飛びが他のシャフトよりも優れていました。あとはグラファイトデザインのBB5も良かったです。もちろん打ち手によりシャフトは変わりますので、これが正解ではありません。なお、FW(3・3HL)と3HY(19°)もご用意しております。

CIMG1670

CIMG1671

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後になりましたが今のところはクールクラブスでしか試打はできないのではと思います。ぜひ一度お試し下さい。