CIMG1588

MACHINE PUTTER イベント NO.1

こんにちは、MICKです。先週末に目黒店の1FのNEWショップにてMACHINE PUTTER(マシーンパター)の試打イベントが行われました。

CIMG1582

CIMG1588

開発者のデイビッド・ビリングス氏。

 

 

 

 

 

 

 

 

マシーンパターとは、アメリカテキサス州に本社を構え、およそ15年に渡ってカスタムパターフィッティングを行っている会社のパターブランドです。アメリカではクラブフィッティング文化は当然のように考えられており、このブランドはほぼ完璧と言ってよいほどの内容を持っています。とても画期的なシステムで、このようなスタイルがなぜ今まで日本になかったのだろうと思いました。

CIMG1587

 

現状、パターは各メーカーの既製品の中からヘッド形状、ネック形状、長さ等を選んでおりますが、本モデルではパーツとして捉えていて、大きなファクターであるヘッドとシャフトが容易に取り外しができます。よってよりそれぞれのプレイヤーのストロークスタイルに合うモデルが選べるのが最大の特徴です。それとともにクラブの持つ重心角度を変えられる事もできます。且つ、ロフト・ライ角度も専用のアジャスターで0.5°~3°まで変更可能です。ただ、長さは変えられないのでお好みのレングスに設定して使用します。

CIMG1591  CIMG1594 CIMG1592

 

このシステムがあれば複数のパーツを揃えておいて、コースのグリーンコンディションによって使いわけることができます。例えばヘッドタイプをピン型にするのかマレット型にするか。ネック形状はどうするか。早さ遅さによってロフト角度をどうするか。など、多岐にわたっての微調整ができます。パターはゴルフの中では特別なパートでスコアに一番響いてきます。普段なにげなく、流行りや評判で選んでいるパターですが、自分にフィットするモデルを選んでパッティングの精度を上げていきましょう。

CIMG1590